2008年09月30日

幻のハンバーガー屋を発見?
ハンバーガースタンド「匠」のアボガドバーガー!

DSCF8871.JPG


本日紹介するのは、「ハンバーガースタンド 匠」というバーガー屋さんです。

このお店!実は移動店舗になっていて、曜日ごとに出店している場所が違うんです!なので「たべたいな〜」と思ってもお店がなかったりしてなかなか食べられない・・・。

まさにハンバーガー界のロプ・ノール湖!!(←言ってみたかった)

もちろんその辺のファーストフードのお店とは豪華さも味も違います。

御覧下さい。


見せてもらおうか、専門店のハンバーガーの味とやらを!!
(↑このフレーズも言ってみたかった。)

匠の技を知りたい方はこちら
posted by MSD at 00:05| Comment(3) | TrackBack(0) | 喰い喰い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月28日

「寺村秀夫フェスタ」に行ってきた



teramura-logo1.jpg



9月27日に行われた「寺村秀夫フェスタ 寺村秀夫とその時代」に行ってきました。
このイベントはくろしお出版が主催し、日本語研究・言語研究・日本語教育に多大なる功績を残した寺村秀夫氏の生誕80周年を記念して企画されたものです。

東京・京都2都市での開催が予定されていますが、今回は京都で開催された「寺村秀夫とその時代」に行って参りました。

イベントの詳細をレポートします!

続きを読みたい方はこちらをクリック
posted by MSD at 23:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本語教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月27日

独特な文体が話題呼びまくり!?
第3回日本ケータイ小説大賞「あたし彼女」

毎日JPより



 第3回日本ケータイ小説大賞の発表と表彰式が24日、東京都内のホテルで行われ、大賞に北海道在住の女性、kikiさん(23)の「あたし彼女」が選ばれ、賞金200万円が贈られた。同作はTSUTAYA賞、JOYSOUND賞にも選ばれた。



No mobile No lifeさんでも、取り上げられています。

ケータイ小説って流行っているという話は聞いていたのですが、実際のものを初めて読みました。今回の受賞作品「あたし彼女」は、内容もさることながらその独特の文体が審査員に評価されたようです。

はてさて、どんな内容なのでしょうか??

興味がある方はこちらをクリック
posted by MSD at 01:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月26日

インドネシア人看護婦受け入れから約1ヶ月
現場は今、どんなかんじ?

MSN産経ニュースより
trd0809162217004-p1.jpg


インドネシア人看護師・来日1カ月 
受け入れ病院側に後悔の声も 課題浮き彫りに


 インドネシアとの経済連携協定により、日本で働く看護師や介護福祉士候補のインドネシア人約200人が来日して1カ月あまりが経過した。慢性的な人手不足にある医療や介護の現場を支える新たなパワーとして期待を集め、日本側の斡旋(あつせん)機関は「外国人労働者に門戸を開く大きな一歩」という。しかし、受け入れた病院側は今になって「甘く見ていた…」と後悔しているところもあるなど課題も浮き彫りになってきている。(続きを読みたい方こちらをクリック)



EPAによって日本にやって来たインドネシア人看護婦さん達。
来日当初から問題点はあちこちで指摘されていましたが、やはりというかなんというか、問題は山積みのようですね。

前回このブログでこの話題を取り上げたとき、「受け入れ側の準備がきちんとできているかどうかが問題」みたいなことを言いましたが、「準備」というのは当然コスト換算についても必要なわけで・・・。

結局、「インドネシア人を受けいるのはコストパフォーマンスがいいのか、悪いのか」という話になってくると思うんですよ。

看護師って、女の子の中では比較的「憧れの職業」だと思うんですよ。なりたい人は多いのに、実際なる人が少ないと言うことは、「労働条件が悪い」ということですよね。国が補助金を出すなりなんなりして、労働条件を改善し看護師を「誰もがなりたい職業」にしてしまうのに必要なコストと、インドネシアから看護婦を受け入れて日本の生活になじませるまでの教育コストと、どちらがかかるんでしょうかねぇ・・・。

国としては、後者の方が「安い」と踏んだんでしょうが、実際は前者の方が低コストの可能性がアリですね。

個人的には病院行ったらインドネシア人の看護婦さんが働いている、なんていかにも国際社会といった感じで楽しいな〜フフンと思うので、ドンドン来て頂きたいのですが、優先順位としては日本人が働きやすい職場環境づくりをもっと先に考えてゆくべきなのかも知れませんね。
posted by MSD at 00:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本語教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月23日

芸妓HAAN!!が学校に来た。

VFSH0012.JPG



今日、突然校長先生が職員室にやって来て、「特別授業があるのでどうぞ見に来てください。」と言うので行ってみたら、なんと!芸妓はんが芸妓生活について語る特別授業でした!

どうやら学生を「都をどり」に連れて行くので、その予備授業的に特別に来て頂いたようなんです。

学生が写真を撮っているのを見て、自分もつられてあわててケータイで写真撮ってしまいました!その時「ピロリロリ〜ン」とすごくデカい音がして大変恐縮でした・・・。マナーモードでもカメラのシャッター音は消えないのねん・・・。

なので写真はこの1枚だけです。

芸妓はんが教室内にいらっしゃると・・・。なんというか、いつもの教室も別世界に感じますね!


「特別授業」では、京都に住んでてもなかなか知らない舞妓はんと芸妓はんの話がたくさん聞けましたよ!

どんな話か、知りたい人はこちらをクリック。
posted by MSD at 00:52| Comment(2) | TrackBack(0) | 日々の授業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月22日

モスバーガーで 地域限定マッシュルームバーガーを食す。

bnr_eigyo6_48c9ab2d62e23.jpg


モスバーガーで、現在地域・期間限定メニューというのがあると聞いて行ってきました。(GIGAZINEさんでも紹介されています。)

「霧島黒豚メンチカツバーガー」「南部鳥バーガー」「マッシュルームバーガー」と3種類あるのですが、ここ関西で注文できるのは「マッシュルームバーガー」のようです。

なんか喰いモノといえばハンバーガーの紹介ばっかしてるような気がするんですが気のせいでしょうか・・・。

とりあえず御覧下さい。



マッシュルームバーガーに興味ある人はこちらをクリック
posted by MSD at 01:43| Comment(6) | TrackBack(0) | 喰い喰い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月19日

朝鮮学校に学べ!?
検定試験にも出る「イマージョン教育」って何?

08c8998e_URIHALTUKYO.jpg


朝鮮新報より

イマージョン教育

 朝鮮学校で行われる朝鮮語教育は「イマージョン教育」と言える。イマージョンとは、母国語以外の言語を媒介とした教育で、その概念が確立されたのは60年代のカナダだ。朝鮮学校では、それ以前から前衛的な言語教育を行っていたことになる。(全文読みたい方はこちら)



国内にあるにも関わらず反日的教育だったり、金日成・金正日に対しての忠誠教育があったりして何かと批判されががちな朝鮮学校ですが、上記のような記事を見つけました。

イマージョン教育というのは未修得の言語を身につける学習方法の一つで、目標とする言語の言葉だけを習うのではなく、その言語環境で他教科を学びその言葉に浸りきった状態での言語獲得を目指す教育のことだそうです。(Wikipediaを参考にしました。)

僕の友人にも朝鮮学校出身の人がいるんですけど、確かに小学1年生の時から100%朝鮮語で授業が行われていたと聞いたことがあります。何十年も前からフツーにバイリンガルを量産し続けているわけで、そう考えるとちょっとオドロキですね。

このブログでも時折触れておりますように、昨今は日本語教育が必要な児童が増える傾向にあり、そんな子供達にどのような語学教育を施してゆくべきか、考えてゆくべきだと思うんです。

日常会話はできても文法用語だとか算数の用語だとかが理解できずに授業について行けなくなる・・・という話をよく聞くのですが、「イマージョン」の状態の場合はどうなのか、(どうやってそのへんを教えているのか、)興味深いところです。

ちなみに、日本の学校にありがちなのは「日本人のなかにブラジル人が混じって授業を受ける」というもので、これは「サブマージョン(水に沈める)」と言って「イマージョン(水に浸す)」とは全く別の状態なのだそうです。この場合はやはり、授業についてゆけないといった弊害が出てくるのかも知れません。


反日教育とかはやめていただきたいもんですが、言語教育に限っては、朝鮮学校からも大いに学ぶところがあるのかも知れません。
posted by MSD at 23:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本語教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月18日

NHK教育で特集される、「日本語と手話の関係」とは?

img0921_01s.jpg


NHK教育の番組「ETV特集」にて、手話と日本語の関係が取り上げられるようです。

番組の題名は「手と言葉で生きる」

じつは「ろう者」の人たちがネイティブに使う独自の手話は、「日本語」の文法とは異なった言語なのだそうで、手話のみで普段会話している子供達に「日本語」を教えるのはとても困難なことなのだそうです。
特に、手話にはない「て・に・を・は」の使い方を伝えることは困難を極めるとか。

「ろう者」の方ではなく、まあ私達は普段から外国人に対して日本語を教えているわけですが、そんな中でもやっぱり媒介語を使わない「直説法」で「て・に・お・は」の使い方を伝えることはやっぱり大変です。


もしかすると、僕たちの普段やっている「日本語教育」にとっても大いに参考になる、工夫や知恵があるのかも知れませんね!


また、ハンディを背負った子供達が、どのようにして日本語を学んでゆくのかも気になるところです。


NHK教育 ETV特集「手と言葉で生きる」は、

9月21日夜10時より放映予定だそうです!!


んん〜これは見逃せません!
posted by MSD at 18:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本語教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月17日

怒濤のパフェ地獄!「からふね屋コーヒー本店」に行ってきた

main12.jpg


以前も来たことがあるこのお店。「からふね屋コーヒー店本店」に、また機会があったので行ってきました。


この店の特徴は、なんと言っても怒濤のパフェメニュー群!!

ななんと165種類のパフェを置いているのですよ!!

予約注文すると、10人前ぶんある超特大ジャンボパフェも注文できたりします。



どんなお店なのか?早速見てみましょう。

たまにはパフェもいいな〜と思う方はこちら。
posted by MSD at 03:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 喰い喰い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月15日

日本語の指導が必要な外国人の児童が過去最多

88319237.jpg


朝日新聞より。

日本語指導必要な子が最多

 日本語の指導が必要な外国人の児童・生徒が07年度は1年前より13.4%増え、91年度の調査開始以来最多の2万5411人となったことが、文部科学省の調べでわかった。文科省は、日本語指導者への講習会や、就学前の初期指導教室(プレクラス)の調査研究といった支援策をさらに進める方針だ。(続きを読みたい方はこちらから。)




確実に増えてきている、日本語学習が必要な子供達。
ブラジル人の子供が注目されがちですが、他の国籍の子供も増えているのではないかと思われます。

学生時代、ゲームセンターでバイトしていた時、そのゲーセンの同一経営のお店に男性用サウナがあったのですが、
そこの従業員がブラジル人だったらしく彼らはゲーセンの2階で寝泊まりしていました。

一般の人には目にとまらなくても、恐らく外国から労働に来られる方というのは確実に増えているのかも知れません。


自分はイチオ〜日本語教師なので、こうした問題をみると、やはり「自分にできることはないかな〜」と思ってしまうんですが、
子供に対しての日本語教育ってどんなものなのか、いまいちハッキリつかめません。

考えてみれば、養成講座も、検定試験も全て「就学生」とか「留学生」を主軸にしたもんですもんね。もちろんこういった問題が「ある」といったことは学びますが、こういった境遇の子供達に「どのように教えるか」具体的なところまで踏み込む養成講座というのは、無いと思います。

そう考えると、以前このブログで取り上げた「日本語教育の新しい資格制度」というのも、必要なんですね〜やっぱり。


もし、新資格制度ができたら、日本語教師としての幅を広げるためにも、勉強してみたなぁ〜と思います。
posted by MSD at 21:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本語教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月14日

焼き肉屋「アジェ」に行ってきた

DSCF8844.jpg


京都に焼き肉屋は数多くあるわけですが、「本当においしい店はどこか?」と考えるとなかなか答えが出てきませんね!

そんな中で、ここ「アジェ」はホントにオススメできるお店です!

どうぞ御覧下さい。



じゅ〜じゅ〜焼かれる肉達を見たい人はこちら。
posted by MSD at 18:29| Comment(3) | TrackBack(0) | 喰い喰い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月10日

iKnow!が多言語化。日本語学習も可能に!

ITmedia Biz.IDより
st_ik01.jpg



iKnow!が多言語化 まずは日本語学習、甲斐田裕子氏などの声優起用

英語学習サイトなのに正しい日本語が学べる――。SNS型英語学習サイト「iKnow!」で、外国人向け日本語学習コンテンツが公開された。日本語の発音には、アニメ『スパイダーマン』などに出演した甲斐田裕子氏などの声優を起用した。(続きはこちら)



むらログさんでもとりあげられちます。


完全無料でネット上での英会話学習コンテンツ提供を実現している「iKnow!」が、機能拡張し、多言語の学習が可能になるそうです。
それでもってその多言語化第1弾が・・・日本語!

おお〜意外ですね。中国語でも韓国語でもなく日本語なんですね。

タダで日本語が学べるなんてスゴイ!今年一番の大ニュースかも?


こうした多言語学習用のソフトウェアって、ネット上ではiKnowしか知らないのですが、「教育ソフト」としてはいくつかあります。インフィニシスの多言語学習ソフトなんか100カ国語に対応していますね!!

(それでもトンガ語には対応していませんね!どんだけマイナーな言語なんでしょうかトンガ語!!)


しかし、(iKnowに当てはまるかどうかはわかりませんが)今まで発売された多言語ソフトには不満もありました。



どんな不満があったの?(続きを読む)
タグ:iKnow!
posted by MSD at 21:07| Comment(5) | TrackBack(0) | 日本語教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

AppleがiPodシリーズのラインナップ一新を発表

ipodletsrock78.jpg


AppleがiPodシリーズのラインナップ一新を発表しております。
iTunesもバージョンアップしてiTunes8になります。
イヤホンも新しくなるようです。

iPod touch 2nd generation

32GB 47,800円
16GB 35,800円
8GB 27,800円

新機能:
内蔵スピーカー、ボリュームコントローラー、Geniusプレイリスト作成機能、Nike + iPod対応。
背面が緩やかなカーブを描いたステンレススティールに変更。

(日本では認可申請中のため、認可が下りしだい発売開始)


iPod nano 4th generation

8GB 23,800円
16GB 17,800円

新機能:画面を横向きにするとコンテンツの向きが変わる加速度センサー搭載、シェイクシャッフル機能、Geniusプレイリスト作成機能など
(フルモデルチェンジでデザイン一新)
ななんと怒濤の9色展開だそうです!!

iPod classic

120GB 29,800円

160GBモデルが販売終了。新しく80GBモデルを120GBモデルにアップグレードして発売。

iPod shuffle Second Generation

1GB 5,800円
2GB 7,800円

カラーバリエーションを変更のみ。価格も前モデルと同じ。


Apple Storeではもう売っているそうです。
タグ:ipod
posted by MSD at 04:02| Comment(0) | TrackBack(0) | デジもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月09日

日本語教科書「げんき」を買った!

DSCF8862.JPG


最近、自由にできる時間が多く、かつ勉強するモチベーションが全然上がらなかったので遊びまくりだったわけですが、今週の木曜日からやっとこさ授業再開します!

今度はアメリカの大学生・・・。授業の一環で来日しているそうで、内容的には大学の授業と同等ですって!ちょっと緊張。

教科書は・・・「げんき」!!うへ〜なんと初めて使いますよ!

今から頑張って語彙表作ります・・・。
posted by MSD at 22:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の授業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

タイフェスティバル2008大阪に行ってきた(その2)

DSCF8794.JPG


9月6・7日に大阪天王寺公園で行われた「タイフェスティバル」のレポート第2弾です。

今回は写真が多いので文章少なめで行きます!


とくと御覧下さい。



続きを見たい人はこちらから。
posted by MSD at 22:43| Comment(0) | TrackBack(0) | タイ・タイ語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月08日

タイフェスティバル2008大阪に行ってきた(その1)

DSCF8789.JPG


毎年夏に行われているタイフェスティバル。
昔は東京の代々木公園で、年1回の開催だったと思うんですが、
知らないうちに全国規模の大会になっていたようで!大阪でもやっていたんですね!

実は先月、京都大会もあったそうなんですが、その情報私知りませんでした。

で、「日本を代表するタイフリークのMSDが(←?)大阪大会も見逃すなんてあり得ない!!」というわけで行って参りました。


この手のイベントに行ってみたのは初めてだったのですが・・・。そこは・・・、そこでは!!
予想以上のディープなタイ空間に圧倒されっぱなしでした!!


果たして、どんな大会だったんでしょうか?? 御覧下さい。


ディープなタイ空間を見たい人はコチラ。
posted by MSD at 04:29| Comment(2) | TrackBack(1) | タイ・タイ語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月07日

京のおしゃれアートカフェ「efish(エフィッシュ)」に行ってきた!

DSCF8786.JPG


 今回紹介するのは、最近(といっても何年か前から)話題の京都を代表する?アートカフェ「efish」です。

 ここの特徴は・・・。そう、お洒落なんです!はじめはホントかな・・・と思ったけど、やっぱりお洒落でした!
 コーヒーを一口飲んでみても、う〜ん、お洒落!
 お洒落です。とにかく、お洒落なんです!

初めて行った感想は・・・、そうですねぇ、お洒落でした!



・・・って、もうええわい!!とにかく御覧下さい。




そのお洒落っぷりを見たいかたはコチラ。
posted by MSD at 02:48| Comment(4) | TrackBack(0) | 喰い喰い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月06日

文部科学省が日本語教育能力に対する資格認定制度を新設?

s.jpg


少し古い記事ですが・・・。
MSN産経新聞より

【教育】日本語教育の資格制度提言 外国人の子供へ対応策

 日系ブラジル人ら日本で働く外国人が増える中、公立の小中高校で日本語指導が必要な外国人児童生徒への対応策を検討している文部科学省の有識者会議は、日本語教育能力に対する資格認定制度を新設して教員の指導力を高めるなど、今後5年間で実現すべき施策を挙げた報告書の素案をまとめた。(続きはこちら)



最近は国内でも日本語教育(外国人に日本語を教える)の需要が表出してきてますね。
インドネシアから来る看護婦さんしかり、毎年増加する各企業への「研修生」しかり・・・。
そして、最近ホットな?話題のひとつがこの日系ブラジル人の子供達の問題ですね。

でもまあ、問題があるというのはわかるのですが、何だか日本語関係の施策が乱立気味なような・・・。

国際交流基金・JICA・外務省、そしてここで話題になっている文部科学省がそれぞれ別々に対応策を打ち出してきている気がします。連携というものができないんでしょうかねぇ。



ところでこの有職者会議のみなさんは・・・(続きはこちらをクリック)
posted by MSD at 22:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本語教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

京都のタイ料理屋「佛沙羅館(ぶっさらかん)」に行って来た。

DSCF8779-1.jpg


四条 木屋町を下がってしばらく歩いたところにあるタイ料理屋「佛沙羅館(ぶっさらかん)」に行ってきました。

場所柄、夜に行くと大変な事になってしまう値段設定なのですが、昼食は比較的リーズナブルということで昼に行ってきましたよ!

果てさて、どんなお料理なんでしょうか?





お店の詳細は、ココをクリックしてチェック!
posted by MSD at 06:01| Comment(1) | TrackBack(0) | タイレストラン・タイ料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

海外日本語教師の訪日研修が終了

blog_attach_5ddd009d08e4b8f6648ac3f8ec943977.jpg


WEB埼玉より

「日本は忙しい国」さいたま 海外教師が日本語研修

 各国で活躍する外国人日本語教師の短期研修会が、さいたま市浦和区の国際交流基金日本語国際センター(松尾修吾所長)で7月から約2カ月間行われ、アジアやヨーロッパなど23カ国から計43人が参加した。このほど歓送会が行われ、ホームステイ先のホスト・ファミリーらも参加し、日本での生活や思い出を振り返った。

(中略)

 日本について、研修者からは「忙しい」「スピードが速い」「住みやすいが疲れる」という声が多かった。一方で「すしがおいしい」「トイレのセンサーにびっくり」「ごみの分別している国は他にない」など、日本の良いところを挙げていた。(全文読みたい人はこちら)



 毎年行われる外国人日本語教師の訪日研修ですが、今年も終了したようですね。トンガから来日した人はいなかったのかな?

 次は多分成績優秀者(学生)が来日するんでしょうか?トンガハイから学生が来るかも知れませんね。


 私の赴任していた学校にもカウンターパートがいたのですが、彼女は未だ教員学校も卒業していないので訪日研修に参加できる可能性は今のところかなり低いです…。優秀な人なのにちょっと残念。

 短期の研修なので、日本に来たからと行って日本語がすぐに上手になるとは思えません。なので、先生達には(海外が初めてという方も多いと思うので)せいぜい自国と日本という国のカルチャーギャップというものを体験してもらって、異文化に接するということはどういうものなのか経験して欲しいですね。そして、その経験を是非とも現地で学んでいる子供達に伝えて欲しいものです。
posted by MSD at 04:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本語教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。