2009年06月14日

海外でノートパソコンを使おう!

協力隊時代によく問題になったのが、ノートパソコンの故障。

国内にいるとあまりよく分かりませんが、海外でノートパソコンを使うときはいろんな注意点があります。

もし…活動中にノートパソコンが故障したらかなり悲惨です。
日本ほどショップもありませんし、「日本から持ってきたノートが壊れた!」といってもまともに対応できない店がほとんどです。

もちろん、職種によっては仕事もうお手上げ!状態になったりもします。でも、本当に問題になってくるのは精神衛生面だと思います。海外、特に途上国で生活しているといろんなことでストレスが溜まることも多いんです。なのに「日曜日は運動するな!」なんていう変な法律があったりするもんですからどうやってストレスを発散するのかと言うのは重要な問題です。

で、ノートパソコン!!音楽聴いたり、他の隊員から借りた日本製DVD見たりなど大活躍です。「海外までやってパソコンに没頭!?」と思う人もいるかもしれませんが、実際途上国で生活してみれば、わかります。

私のパソコンも在トンガ中におかしくなってしまいました。思えばやはり電源系のトラブルが多かったようです。

このページを見るとよく分かるんですが、最近のノートパソコンはどれも海外でも使えるようになっているんですが、コンセントからACアダプタにつながる部分のケーブルが海外に対応していないんですね。

それでは、どんなケーブルを買えばいいのか、と言うことなのですが・・・ありました!

RW51EX.-main.jpg



このケーブル、海外対応と言うだけでなくなんと雷や過電流をガードするサージプロテクトがついています!!

トンガでも電流が不安定で、コンセントに挿したとたんにノート壊れちゃった!という人が何人もいました。これがあればある程度は安心ですね!


いや〜こんなのトンガに行く前に知ってたら速攻購入してたんだけどな〜!!


これから海外へ行く人、特に途上国でボランティア活動をする人たちには、こうした機器を取り揃えて海外へ行かれることを強く推奨します!





posted by MSD at 14:42| Comment(0) | TrackBack(0) | デジもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/121471184
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。